子宮内膜症とは

子宮内膜症とは  どんな病気

子宮内膜症はどんな病気

   

  
Yahoo!ブックマークに登録

子宮内膜症
お悩み相談掲示板

 

 子宮内膜症とともにTOP > 子宮内膜症とはどんな病気?



子宮内膜症とはどんな病気?




子宮内膜症のメカニズム

本来子宮の内側にあるはずの組織(子宮の内膜)が、何らかの理由によって子宮の外側に出来てしまい、ホルモンの作用で生理と同じ周期で増殖と出血を繰り返します。

ただし子宮のように出口が無い為、始めは小さな血豆の様な病巣が次第に肥大化てしまうのです。



子宮内膜症が原因の嚢腫はチョコレート嚢腫

卵巣の表面にできた、いわば血豆が肥大化するとチョコレート嚢腫と呼ばれる腫瘍になります。

中にはドロドロとした溶けたチョコレートのような濃い血液が溜まるため、このように呼ばれています。

嚢腫の直径が3〜4cmまでは経過観察という方が多いですが、痛みの程度によっては手術をします。

6cmを超えると、破裂や卵巣茎捻転という怖い状態に陥りやすくなり危険です。

これらは猛烈な痛みと、ショック状態に陥りやすく早急な手術を必要とします。



子宮内膜症暦が長い方に起きやすい子宮腺筋症

子宮内膜症が進むと、子宮の筋層に内膜が増殖して、子宮が肥大化したり、固くなったりしてしまう子宮腺筋症(しきゅうせんきんしょう)と呼ばれる病気になることがあります。

この病気は子宮内膜症暦の長い方や、中年以降の方に多く見られます。

臓器の外にできる子宮内膜症と違い、病巣が筋層に入り組んでしまうため、病巣だけを取り除くのが難しい場合も多く、妊娠の希望がない場合は子宮ごと全摘出することも視野に入れます。



子宮内膜症の二次被害といえば…癒着(ゆちゃく)

癒着とは本来は分離しているはずの臓器が、慢性的な炎症などによってくっついてしまうことを言います。

癒着が起こると様々な痛みや不快な症状が出やすくなり、もし何かの手術になった時は手術進行の妨げにもなります。

子宮内膜症が進行すると、そこを治そうという力が働き癒着が起こります。この癒着が進むと、ついには骨盤内の臓器が一つの塊になってしまうのです。

皮膚の傷口が自然に塞がるのはその癒着のおかげですが、臓器同士でそれが起こることは望ましくありません。

癒着は子宮内膜症だけでなく外科的な手術を行った部位などに起きやすい症状です。
(帝王切開の後に子宮周辺に癒着を起こすこともあります)

卵巣や子宮が腸と癒着していると、排便をする時に痛みを感じることがあります。
軽い痛みしか感じない方、息もできないくらいの強烈な痛みを感じる方とその度合いは様々です。

性交痛を感じる方は、子宮の裏側下部と直腸の隙間のダグラス窩(カ)と呼ばれる部分が癒着しています。

このダグラス窩は腹腔鏡手術でもなかなか完全には病巣を取り除きにくい部位でもあります。


手術するべきかお悩みの方へ   手術は良いことばかりではありません。
手術に踏み切ることはどういうことなのか、早期発見の大切さ、なるべく切らないで治療することの大切さをTOPページ後半で詳しく掲載していますので、ぜひ読んでみて下さい。








子宮内膜症セルフチェック
子宮内膜症とは?
子宮内膜症はどこにできる?
子宮内膜症の症状
子宮内膜症の原因
子宮内膜症の治療方法
子宮内膜症と低用量ピル
子宮内膜症と漢方薬
子宮内膜症で妊娠はできる?
子宮内膜症と手術などの歩み
子宮内膜症の腹腔鏡手術体験
卵管水腫の腹腔鏡手術体験
子宮内膜症の手術にかかった費用
内膜症による月経随伴性気胸
子宮内膜症とうまくつきあう
信頼できる医師に出会うまで
プロフィール
リンク

  
 

Copyright(C)子宮内膜症とともに All Rights Reserved.

本文、及び画像,を無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。