子宮内膜症 信頼できる医師に出会うまで

子宮内膜症 名医

子宮内膜症 信頼できる医師

   

  
Yahoo!ブックマークに登録

子宮内膜症
お悩み相談掲示板

     
  
 

 子宮内膜症とともにTOP信頼できる医師に出会うまで



信頼できる医師に出会うまで



初めての婦人科

私は小学校6年生で初潮を迎えましたが、生理らしい生理になったのは中学1〜2年生のころでした。

そしてだんだん生理痛が出るようになり、しだいには転げ回るほど痛いこともあり、初めて近くの婦人科を受診しました。
その病院の先生は「お産は上手いがコワイ」と評判の先生で、その通り第一印象は「頑固ジジイ」そのもの。

まだ体が若く生理不順もあったので、当時は低容量ピルが主流ではなかったので中容量のピルでリズムを修正していくことが優先となりました。

痛みに関してはまだ若いから仕方がないと言われ、鎮痛剤を飲むように指示されました。



ピルの副作用で学校へ行けず

当時、低容量ピルがあったらどんなにありがたかったか・・・と今になって思います。

中学2年になって早々、頭痛に悩まされるようになり、何日も学校へ行けない時期がありました。
登校拒否だなんて噂されたりして本当に辛い時期もありました。

私の母も、私の体調が心配なのと、学校へまともに行けなくなったことで将来への不安や世間体など色々な心労が重なり、痩せてやつれてしまいました。

でも何とか仲の良い友達たちのおかげで乗り切ることができました。
進路も欠席日数でひっかかり、正直厳しくて高校受験も限られたところしか受けることができませんでした。

中学生の体にとってピルでの治療は辛いものがありました。
今思い出しても、涙が出そうになるくらい辛い思いでです。


生理痛で夜中に総合病院の婦人科へ駆け込む

しだいに生理痛は悪化し、夜中に救急車を呼ぼうかと思う日も出てきました。

ある夜中、死ぬほど痛くて耐えられず、父の車で総合病院へ行きました。
そこの看護婦さんがとても冷たく、「たかが生理痛くらいで」という態度でした。

ついに初めての内診か!?と思ったのですが、お腹の上からのエコーだけで特に異常は見つからず、鎮痛剤が処方されました。


はじめての内診

高校、専門とずっと生理痛が酷かったのですが、鎮痛剤のおかげで乗り切りました。
電車で倒れそうになったりもしました。

なんとか就職も決まりそう・・・でも就職してまで毎月休みづらいよね・・・と思い、もう一度ちゃんと診てもらおう!と決意をし、婦人科に行きました。

中学時代とは住んでいる場所が違ったので、初めて行く総合病院の婦人科でした。

初めての内診はドキドキしましたが、意外とあっさり終了。
左側がよく痛むことが多かったのですが、卵巣の可動性も良いし、悪いところは無いよと言われました。

生理痛が酷いのはそういう体質なんだと受け止め、鎮痛剤に頼るしかないんだと諦めました。
仕事もダメならダメで辞めればいいや、くらいの気持ちでした。

それから年に1〜2回、痛みが酷かったりするとすぐに婦人科を受診しました。

結果は毎回「異常なし」。
その頃私は「子宮内膜症」という病名を知り、内容は詳しくしりませんでしたが、なったら嫌だな〜と思っていました。



変な腹痛

当時、スノボーにはまり、毎週のように出かけていました。
仕事が辛かったので、それだけが楽しみで平日を乗り切っていました。

生理2日目でかなり辛いのにフラフラになりながらゲレンデに行った事もあります。

そんなある日、彼氏(のちに夫に)と 「明日スノボ行こう!」 と約束してありました。
明日が楽しみで仕方がないのに、何だか変な下腹部痛がある・・・。

どうせ婦人科に行ったって、いつもと同じく 「異常なし」 に決まってると、私は思っていました。

でも、 「今回は違うかも知れないじゃん、明日スノボやめて病院へ行こう」 と言われ、しぶしぶ病院へ行きました。



子宮内膜症で左の卵巣が腫れてる

セカンドオピニオンも大切だと思い、かかっていた病院の近くの別の病院へ行きました。
久々に病院を変えたのでちょっと緊張。

そこはどちらかというと妊婦さんに人気があるのか妊婦さんで混んでいる。

呼ばれて早速内診すると

「内膜症だね〜」 と一言。

4センチのチョコレート嚢腫ができていました。
半年前に病院に行ったのに・・・。

私はガーンとハンマーで殴られたような大きなショックを受けました。
詳しくは知らないけど、やっかいな病気だという認識があったからです。

先生に低容量ピルの服用をすすめられました。
いくつも種類があって、先生は机にズラッと並べ、「どれがいい?」と一言。

私は過去にピルでは酷い目に遭っているので、低容量とはいえ恐怖心がありました。

なので、

「副作用とがみんな違うんですよね?」

と聞くと、

「そんなの飲んでみないと分かんないよ。ダメなら止めりゃいんだし」

と嫌な言い方をされ、その瞬間からその先生の印象は悪くなりました。

とりあえず、ピルを貰って病院をでました。
帰り道、彼氏(現・夫)と書店に立ち寄り、二人で子宮内膜症について調べました。

「進行すると不妊になる」


不妊・・・


この文字にショックを受けました。
そして完治することはないを知り、頭が真っ白になりました。
泣きながら助手席に乗っていたのを覚えています。

その後も数回この病院に通ったのですが、どうも先生が気分屋というか、機嫌が悪いと態度が酷い、妊婦さんに対する態度と婦人病患者に対する態度が全く違うので好きになれずにいました。

ある日

「本当に痛くて辛いんですけど、手術とかはどうなんでしょうか?」

と聞くと、

「こんな大きさじゃー大学病院だって切ってくれないよ!」

と怒鳴られました。



インターネットでの先生との出会い

信頼できる先生の一人とやっと出会えました。

子宮内膜症と診断した先生への不信感とともに、病気のことをネットで相談したのがきっかけです。

その先生は東京で婦人科医師をしているのですが、低容量ピルについての知識も豊富で、内膜症のことについても親身になって話を聞いたり説明してくれたりしました。

いつも混んでいるし、電車を使っていかないとだったので大変でしたが、この安心感にはかえられないものがありました。

そこで処方してもらった低用量ピルが私には合っていたようで、左卵巣のチョコレート嚢腫が縮んで来ました。

その頃結婚をして、すぐにでも子供が欲しかったので先生と相談して、低容量ピルを止めることにしました。



現在の主治医(信頼できる先生)との出会い

低容量ピルを止めたとたん、すぐに激痛の日々に戻ってしまいました。
生理痛に加え、排卵日にも痛みがあるので、子作りどころではありませんでした。

ある日、強い腹痛で動けなくなりました。
その時、私は実家にいたのですが、旦那は仕事でした。
父は仕事で、母は車の運転ができないので、旦那に仕事を休んで来てもらいました。

かかりつけの病院までは電車と徒歩で1時間以上かかるし、近くの大学病院へ行きました。

紹介状も何もなかったのですが、素早く対応してくれて、手続きをしてからすぐに婦人科外来のベッドで休ませてくれました。

そこへ来たのが現在の主治医。
ちょうどその日、その時間に外来診察をしていたこの奇跡に感謝しています!

後々、その先生に腹腔鏡手術をしてもらうことになり、一人目を出産した後もずっと経過観察でお世話になっています。

不妊治療の専門医でもあり、准教授でもあります。
でもぜんぜん偉そうな態度ではなく、小さな疑問にも快く答えてくれて話もじっくり聞いてくれます。
人としてもとても好感がもてます。

出産で入院した時にも看護婦さんに「良い先生に当たって良かったね〜私も大好き、あの先生」と言っていました。

医学的なことだけじゃなく相性もあると思いますが、納得いくまで病院を変えたりして自分にあった先生を見つけることが大切だと思います。

それだけで前向きに病気と付き合えるかどうか違ってきますから。



手術するべきかお悩みの方へ   手術は良いことばかりではありません。
手術に踏み切ることはどういうことなのか、早期発見の大切さ、なるべく切らないで治療することの大切さをTOPページ後半で詳しく掲載していますので、ぜひ読んでみて下さい。








子宮内膜症セルフチェック
子宮内膜症とは?
子宮内膜症はどこにできる?
子宮内膜症の症状
子宮内膜症の原因
子宮内膜症の治療方法
子宮内膜症と低用量ピル
子宮内膜症と漢方薬
子宮内膜症で妊娠はできる?
子宮内膜症と手術などの歩み
子宮内膜症の腹腔鏡手術体験
卵管水腫の腹腔鏡手術体験
子宮内膜症の手術にかかった費用
内膜症による月経随伴性気胸
子宮内膜症とうまくつきあう
信頼できる医師に出会うまで
プロフィール
リンク


Copyright(C)子宮内膜症とともに All Rights Reserved.

本文、及び画像,を無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。