子宮内膜症と上手に付き合う

子宮内膜症とうまく付き合う

子宮内膜症 うまく付き合う

   

  
Yahoo!ブックマークに登録

子宮内膜症
お悩み相談掲示板

 

 子宮内膜症とともにTOP > 子宮内膜症とうまくつきあう



子宮内膜症とうまくつきあう




体を温める、免疫力を高める


私は子宮内膜症と診断されてからそれにまつわる事をとことん調べました。

結果、免疫力を高めることと血行をよくすることが大切だと思いました。

免疫力が低いのか、私は幼い頃から風邪をひきやすく、どちらかというと虚弱体質でした。
また、冷え性で、一度手足が冷えるとなかなか温まらない体質です。

若い頃は、オシャレをしたいがために短いスカートを履いてばかりいましたが、現在はオシャレもしたいけど体を冷やさないようにと考え、ジーンズの下にタイツを履くとか、家ではカイロを活用したりしています。

免疫力を高めるにはまずは疲労をためないことが大切です。
睡眠を充分とる必要があるのですが、私は眠りが浅く、あまり熟睡できるタイプではありません。

生理前などは頻繁に目が覚めてしまい、日中眠くて仕方がないのです。
でも昼寝をすると頭痛になったりするので、なるべく昼寝はしません。

でも少しでも眠れるように、眠れる時は早く寝るように心がけています。




鎮痛剤を上手に使う

痛いときは無理して我慢しないようにしています。
我慢すると、薬の効きが遅く、悪くなります。
痛くなりそうだと思ったら先に飲んでいます。

私が飲んでいるのはロキソニン (ロキソプロフェンにしました) です。
色々飲みましたが、これが一番合っているようです。

市販の鎮痛剤だと「イブプロフェン」が入っていないと効きません。




無理をしない

体調がすぐれない時は、無理をしないようにしています。
もともと私は完璧主義で、体調が悪くても部屋が汚いと無理して掃除をしたりしていました。
でも、最近はなるべく「無理をしない」をモットーにしています。

痛い時は好きなテレビを見たり、ゴロゴロしたり。
OL時代は無理ばかりしていて本当に辛かったです。



ピルを活用する

すぐに妊娠を望まないのであれば、低容量ピルがおすすめです。
低容量ピルには一層性、二層性、三層性、さらに一世代、二世代、三世代などの種類があります。

どれが体に合ってるかは個人個人違いますので、いくつか試してみるのが良いそうです。

私が初めて飲んだ低容量ピルは「トライディオール21」 でした。
このピルはやたらとお腹が空き、頭痛がして、気分が悪くなり私には合っていなかった様です。
しかし!もしかしたら内膜症になったショックと、昔飲んだピル(低容量ではない)による恐怖心(←詳しくはこちら)から精神的におかしくなっていたのかも知れません。

この頃やたらと動悸がしたり不安になったりする症状が出て、先生に不安神経症、パニック障害のお薬をもらいました。
その薬を持ち歩くようになったら、不思議と動悸が起こらなくなったので、神経的な原因だったのかも知れません。

そして病院を変えてから勧められたピルが 「オーソM21」。
こちらは毎回最初の1錠目を飲んだ日だけ、決まって夜中に卵巣痛が起こったのですが、それ以外は体調は良く、内膜症も改善していきました。

卵巣痛が起こる初日は、その日だけロキソニンと一緒に飲むことで解決しました。
その他、低用量ピルについてはこちらにも記載しています。




手術するべきかお悩みの方へ   手術は良いことばかりではありません。
手術に踏み切ることはどういうことなのか、早期発見の大切さ、なるべく切らないで治療することの大切さをTOPページ後半で詳しく掲載していますので、ぜひ読んでみて下さい。









子宮内膜症セルフチェック
子宮内膜症とは?
子宮内膜症はどこにできる?
子宮内膜症の症状
子宮内膜症の原因
子宮内膜症の治療方法
子宮内膜症と低用量ピル
子宮内膜症と漢方薬
子宮内膜症で妊娠はできる?
子宮内膜症と手術などの歩み
子宮内膜症の腹腔鏡手術体験
卵管水腫の腹腔鏡手術体験
子宮内膜症の手術にかかった費用
内膜症による月経随伴性気胸
子宮内膜症とうまくつきあう
信頼できる医師に出会うまで
プロフィール
リンク

  
 

Copyright(C)子宮内膜症とともに All Rights Reserved.

本文、及び画像,を無断で複写、複製、転載、転用、データファイル化することを禁じます。